ペットの皮膚病は飼主がSEARCHせよ!

動物

理想の一匹を探す

健康なチワワを選ぶポイントは、鼻や肉球がきれいな黒色であることです。性格を知りたい場合は、瞳を見ればある程度わかりますが、成長後の姿を想像したい場合は、ブリーダーから引き取る際に問い合わせるといいでしょう。

飼い主とペット

蝶のような可愛い犬種

大きめの耳に垂れ下がる飾り毛が特徴的である犬種がパピヨンです。その愛らしい外見と、明るく活発な性格が飼育しやすいとして人気もあります。初めて飼う時には、ペットショップよりはブリーダーなどの専門家を利用した方がいろいろなメリットがあります。

種類によっても発症

動物病院

アレルギーなどもあります

ペットの病気の一つとして皮膚病があります。特に犬の場合には、犬種によって皮膚病にかかりやすい種類もいることから、飼育環境などに注意が必要です。一般的にペットの皮膚病に気が付くきっかけとして、頻繁に痒がることや、いつもよりも体を掻いている回数が増えることです。また、ペットが皮膚病にかかる原因としては細菌性のものや蚤によるものが代表的です。また、もともと、アレルギーを持っているペットの場合には、より発症しやすいため常に皮膚を清潔にしておくことが大切です。最近では室内で飼育する人が多くなってきましたが、ハウスダストやダニなどが皮膚病の要因になる場合もあります。ペットを飼育するケージやクッションなどは常に清潔を心がけるとともに、家の中も清掃をしっかりと行う必要があります。それ以外には乾燥や体を洗うシャンプーなどに反応して皮膚病になるケースもあります。体に発疹が現れた場合には、動物病院に相談をしたり、原因究明をしてペットの皮膚を守ることが大切になります。最近では肌の弱いペット用のシャンプーやケア用品が販売されるようになってきています。元々、肌が荒れやすい体質のペットの場合にはこのようなアイテムを取り入れておくと安心です。また、アレルギー体質の場合には、アレルギー向けのペットフードなども販売されています。飼い主がしっかりと管理や配慮をすることで、防げる皮膚病もあるのです。それでも皮膚病を発症した場合には、動物病院の診察を受けましょう。

犬

犬の飼育に向いてる人とは

近年、柴犬の人気が急上昇しています。忠実で賢い柴犬ですが、一方で独立心や自立心が高く、一般的な他の犬種と違う特性を持っています。柴犬と暮らすには、このような性質をよく理解した上で、飼育できる飼い主さんが望ましいとされています。